石川県での女性マーケティング・ホームページ制作・プロモーションならウーマンスタイル

女性視点マーケティング
覆面店舗調査、グループインタビュー、商品開発、女性向けウェブサイト制作なら
お気軽にご相談ください!

TEL:076-227-8062

お問い合わせはこちら

いしかわ主婦白書

スキンケアに関するアンケート

いしかわ主婦白書

スキンケアに関するアンケートを実施しました。調査対象は、20代が10%、30代が50%、40代が33%、50代が5%です。女性にとって美肌を保つうえで重要なスキンケア。商品もネットやドラッグストア、百貨店など様々なところで購入が可能です。理想の購入法やこだわっているアイテム、失敗談などをお聞きしました。

スキンケア商品はどのようにそろえますか?

グラフ

ラインでそろえる人は全体の約3割、そろえない人は約7割。”その他”の具体的な回答として「相乗効果が期待される場合はラインでそろえる」「大体はラインでそろえるがいろいろ試す」などの意見がありました。

プロに教わるワンポイントアドバイスはこちら

理想のスキンケア商品の購入方法は?

グラフ

スキンケアについて第三者にアドバイスをしてもらいながら購入したい方が全体の約5割。セルフで選ぶ方を上回りました。特に百貨店や専門店でのアドバイスで購入したい方が31%と最も多く、単に化粧品を買うだけでなく「綺麗になれそうな気分」「優雅な雰囲気」を味わいたいという女心が根底に見え隠れしているようにも感じます。

プロに教わるワンポイントアドバイスはこちら

季節ごとにスキンケア・アイテムを変えていますか?

グラフ

一年を通じてスキンケア・アイテムを変えない方が全体の60%。一年中エアコンが効いているオフィスなどでは冬だけでなく夏も乾燥していますね。通年同じアイテムの方が多いのは、メーカーも季節別の提案よりもお悩み別の提案が増えてきているように感じます。

プロに教わるワンポイントアドバイスはこちら

今お使いのスキンケア・アイテムは、どれくらいリピートしていますか?

グラフ

同じスキンケア商品を1年以上リピートしている人は、全体の66%にも。一度使い始めるとなかなかメーカーやアイテムを変えない傾向が強いです。それに対して、毎回変えているスキンケア商品ジプシーは15%。価格や広告、キャンペーン、クチコミなどに左右される人といえます。

プロに教わるワンポイントアドバイスはこちら

スキンケアに関する情報はどのように入手しますか?(複数回答可)

グラフ

インターネットや友人・知人からの「クチコミ」の評価で購入する人が多く、それぞれ4割以上になります。

美容に関する情報は、ネットでもリアルでもよく話題に上るテーマだということがわかります。

プロに教わるワンポイントアドバイスはこちら

スキンケアで一番こだわるアイテムは何ですか?

グラフ

「クレンジング」「洗顔」という落とすこと重視派は約半数の55%。化粧水をはじめ与えることを重視をやや上回りました。

落とすこと重視派は、次に与えるものを活かすにはまずはその土台が大事と考えている傾向が強く、与えること重視派は、スキンケアの一番大事なことは「保湿」という考えが浸透しているようです。

プロに教わるワンポイントアドバイスはこちら

上記で回答した理由を具体的に教えてください。

「クレンジング」を選んだ理由(フリー回答抜粋)

  • 汚れがきちんと落ちていないと、どんなに良い化粧水などを使っても効果が半減するから。
  • メイクは必ず、しっかり落とさないと肌に負担になり、良くないと思うから。
  • 肌をできるだけ自然な状態で保ちたいので、外出から帰ったら、メイク汚れをきれいに落したいと思うので。
  • クレンジングが合わないとひどい肌荒れをおこすから。
  • オイルタイプからミルクやクリームタイプに変えたら、肌がいい感じに変わったので、大事だと思いました。

「洗顔」を選んだ理由(フリー回答抜粋)

  • きれいに落とさないと、その後のスキンケアの意味がないと思うので。
  • 洗顔がちゃんとできていないと、化粧のりが悪いので。
  • 汚れを落としておかないと翌日肌がかさつく。
  • 汚れがしっかりとれてないとニキビなどの原因になる。
  • 洗顔を変えたらすぐに化粧水をつけなくても肌がつっぱらなくなった。

「化粧水」を選んだ理由(フリー回答抜粋)

  • 水分が足りないとトラブルになりやすいから、最初に化粧水でたっぷり水分補給をする。
  • 昔、エステで「ニキビケアでも美白でも、基本は"保湿"!」と習ったので、保湿のベースとも言える化粧水でたっぷり肌に水分を入れ込むと、後から使う乳液、美容液などが入りやすくなるから。
  • まず化粧水で水分を与えないと、その後に美容液などを使ってもきちんと入っていかない感じがするから。うるおいをたくさん与えることが大切と思っている。
  • 洗顔後一番、初めに肌に付けるのため。
  • 化粧をあまりしないので、クレンジングや洗顔よりも、一番最初に肌にしみ入ることになる化粧水が気になる。
  • 一番よく使用するから。
  • オールインワンタイプを使っているので、これ1本でいいから。
  • いつも化粧水しかつけていないので、せめてその化粧水だけはこだわった方がいいと思ったので。

「乳液」を選んだ理由

  • 最後につけるので、べとべとしたりするのはいやだから。

「美容液」を選んだ理由(フリー回答抜粋)

  • 自分に必要な成分が高濃度に入っているから。
  • 翌朝の肌の状態が変わるから。
  • 潤いプラスアルファが必要なお年頃になってきたから。
  • 乾燥が気になるので。
  • アンチエイジング。
  • 肌の質を決めるような気がするから。

「クリーム」を選んだ理由

  • 潤いの蓋が重要だと思うから。
  • 最後に肌につける物だから。

スキンケア・アイテムの購入で、失敗エピソードがあれば教えてください。

肌に合わない(フリー回答抜粋)

  • 人から良いと聞き、全アイテムを一気に購入したが自分の肌には合わず、結局破棄することに。人が良いといったものが必ずしも自分の肌に合うとは限らないと分かりました!それ以降は参考程度に聞いています。
  • ある水準以上のメーカー品なら大丈夫だろうと思っていたが、更年期になってから肌質が変わり敏感性・乾燥肌になり、メーカーや値段に関係なく試してみなければ分からなくなった。
  • テレビCMを見てすごく良さそうで購入したが、使ったら自分には全然合わなく、ヒリヒリしてだめだった。
  • 若いころ、ドラッグストアで値段で選んだものが肌に合わず、かゆくなり大変だった。
  • 広告を信じて買ってみたら自分には合わなかった。高ければよいというものでもない
  • お試しなしでネットで購入した化粧品が、自分の肌に全く合わなかった。
  • 安いからとよく知らないメーカーの商品を買ったら、肌に合わなくて使いきれないことを数回やらかしました。
  • 化粧品を使い始めた頃はブランドの知名度にひかれ、大手化粧品会社の物を順番に使ってみたが、どれも肌には全く合わなかった。
  • パッケージのかわいさや値段の安さで購入したら、肌に全く合わずその後のケアに余計お金がかってしまった
  • みんながいいと言っていた商品のお試しセットを使ってみたら、肌が荒れた。他の人にはいいからといって、自分にいいとは限らないという事を思い知った。

香りが合わない

  • 海外のものは香りがきつい物が多く使いづらかった。
  • 化粧水に独特の好きではない香りがあったこと。

色が合わない

  • ファンデーションと口紅の色が通販で購入するとイメージが違った。やはりこれらは実際につけてからの購入が近道かと。
  • 口紅の色選びに失敗しがち。
  • カラーが思っていたのと違った。

効果がない

  • 高級クリームを購入し、使ってみたものの何の変化も感じられなかった。
  • ドラッグストアにてパッケージにひかれ安い化粧水を購入したが、全く浸透力がなくほとんど無駄にした。
  • 高いけど効果がなかった。

高額を使った

  • いいと思って全種類揃えたらすごい高額になった。ローンで買って払い終わる前に使いきってしまった。
  • コレはオススメだから!と言われても、お金が続かないから断ってるのに、さらに勧められて買わざるをえない状況になってしまうこと。
  • 友人の扱う化粧品を勧められたくさん購入したが結局続かなかった。
  • カウンターだとついついのせられていらないものまで購入してしまう。

使いきれない

  • 通信販売のお試しスキンケア商品は、取り寄せても結局手つかずで、残ったままになっている。
  • 大きなボトルやお得セットを買っても使いきらずに次の商品に・・・。

その他

  • スーパーやドラックストアでいい物に出会ったことがない。
  • 定期購入として買うと割引率が高くなるので、定期購入会員にwebサイトから登録したのは良いものの、定期購入会員を解約するにはサイト上からは出来ず、メールでもダメで、電話するしかなく、しかも平日の9時~17時しか対応してくれない。やられました!
  • 気に入ったものがあるとライン買いしてしまうが、洗顔やクレンジングが気に入らないなど、なかなか全部気に入る商品がない。
  • サンプル差し上げます。の言葉につられて申し込んだら、しつこい電話攻撃にあってしまった。
  • パックを長時間やりすぎて鼻の皮がむけてしまった。
  • しっかり吟味して買うので、思い返してみても失敗はない。

プロに教わるワンポイントアドバイスはこちら

スキンケア・アイテムで、ズバリ!お気に入りのメーカーは?

  • ドクターシーラボ(8)
  • 花王(8),うち、ソフィーナ(3)・ソフィーナボーテ(2)・キュレル(1)
  • DHC(5)
  • アルビオン(5)
  • コーセー(5),うち、雪肌精(2)
  • オルビス(4)
  • カネボウ(4),うち、ドルティア(1)
  • 無印良品(4)(乳液の高保湿タイプ:手軽な値段で潤う。高くないのでたっぷり使え、顔以外にもカサカサが気になった個所に塗っている。)
  • アルソア(3)
  • マックスファクター(3),うち、イリューム(1)
  • ライスフォース(3)
  • 資生堂(3)
  • SK-II(2)
  • アムウェイのア―ティストリー(2)
  • エバメール(2)
  • ドクターリセラ(2)
  • ファンケル(2)
  • ミューフル(2)
  • ロクシタン(2)
  • 肌ラボ(2)(化粧水:安くて使用感がいい)
  • 豊凜化粧品(2)
  • アベンヌ(2)(スプレー化粧水)
  • HABA
  • アイビー化粧品
  • あきゅらいず美養品
  • アスカ
  • アトシステム
  • アユーラ
  • アレッポの石鹸
  • エスト
  • オードムーゲ
  • オーブリーオーガニクス
  • オバジ
  • オラクル
  • クリアジーノ
  • クリニーク
  • サキナ
  • サントリー
  • シャクリー
  • セプテム
  • セラムデュー
  • ソティス ネトワイヨンドマタン(洗顔クリーム)
  • ノエビア
  • ポーラ
  • メイコー化粧品
  • ランコム
  • リード
  • ルバンシュ
  • 肌美精
  • 悠香
  • その他(アロマ精油のブランド)
  • 自分で作るもの。アンチエイジング原料を存分に入れられる!
  • 温泉に備えてあるスキンケアが意外といい。
  • 特になし(5)

スキンケアについてアドバイス

ウーマンスタイルの会員さんで、フェイススタイリスト・深頭筋セラピストの田丸江理さんより、スキンケアについてアドバイスをいただきました。詳しく教えてくださっておりますので、ぜひ今後のスキンケアや商品選びの参考にしてみてください。

スキンケア商品はどのようにそろえますか?

  • ラインでそろえるに関しましてはメーカーによって相乗効果が期待できるものもありますが、各メーカーの得意分野がありますので、限定すると他の素晴らしい商品に出会えずもったいないところも。
    化粧水は好きでも洗顔で乾燥する気がするなどあれば、こだわる必要はないと思います。

理想のスキンケア商品の購入方法は?

  • 情報はどこからでも手に入るのに、情報だけ先走って、自分のお肌を理解していない人がとても多く感じています。インターネットなどでお手軽に購入することができますが、定期的に信頼できる専門の方に見てもらい購入することはとても大切だと思います。

季節ごとにスキンケア・アイテムを変えていますか?

  • 夏は紫外線が強く、冬は湿度も低く代謝も落ち乾燥しやすくなりますから、1年中同じケアではお肌は老化まっしぐらです。
    アイテムを変えるだけではなく、まずは使用量から見直しましょう。

今お使いのスキンケア・アイテムは、どれくらいリピートしていますか?

  • もちろん気に入ったものをずっと使われることも良いのですが、お肌は年々変化し、20代と40代ではお肌が求めるものが異なります。
    30代からはコラーゲンの生成は極端に減ります。コラーゲンを作るお母さん細胞が弱り、数も減ります。
    しかも母体が高齢出産で栄養失調では厳しいので(*_*)大人のお肌にはある程度、真皮(肌の奥)に栄養を与え元気にしてあげることも考えましょう。

スキンケアに関する情報はどのように入手しますか?

  • 最近では口コミサイトなどで情報が収集できて便利ですが、あくまで目安のひとつとしてお考えください。
    名前の通ったメーカーは安全面に関しては信頼できると思いますが、他の人に合っていても、自分には合わないケースは当然あります。
    最近では操作されている可能性も否定できませんので慎重に。

スキンケアで一番こだわるアイテムは?

  • クレンジングや洗顔を選ばれた理由が「落とすことが大事」という意見が多いのが気になります。
    もちろん、肌の汚れはきちんと落とすべきですが、落とすことに一生懸命になりすぎて肌を痛めている事が非常に多いのです。
    特にオイルクレンジングは界面活性剤が一番多いので、洗浄力も強く肌に必要なものまで一緒に落としがちです。
    洗いすぎ要注意!靴下のようにゴシゴシ落とすのではなく(ここまでの人は少ないですが)、大切な衣類を扱うようにやさしくです。

スキンケア・アイテムの購入で、失敗エピソードがあれば教えてください

  • とにかく「肌に合わなかった」との意見が多いのですが、アレルギーで合わないケースのほかに、肌が摩擦など物理的刺激や乾燥により弱っているケースがあげられます。
    私が思うに、後者が圧倒的に多い。肌のバリア機能を知らないうちに壊し、敏感だと思い込んでいる人が非常に多いのです。
    例えば生理前や生理中は敏感になりやすく化粧品切り替えには適しません。
    もしかしたら、普段なら大丈夫でも、たまたまこの時に使って合わない!と判断するのはちょっともったいないです。
    効果が高いものは余計反応しやすい場合もありますから、敏感と決めつけていい成分を排除するのは大人のお肌には残念なことです。
    心配ならばまず、おでこやフェイスラインなど部分的に試してみるのもよろしいかと思います。(ほほや目の周りは乾燥しやすい為)


全ての結果を見るにはこちら
※お問い合わせフォームからご連絡ください