石川県での女性マーケティング・ホームページ制作・プロモーションならウーマンスタイル

女性視点マーケティング
覆面店舗調査、グループインタビュー、商品開発、女性向けウェブサイト制作なら
お気軽にご相談ください!

TEL:076-227-8062

お問い合わせはこちら

いしかわ主婦白書

ママ友に関するアンケート

いしかわ主婦白書

ママ友に関するアンケートを実施しました。調査対象は、20代が7%、30代が55%、40代が31%、50代が6%、60代以上が1%。ママ友と知り合ったきっかけや交流方法についてなどをお聞きしました。フリー回答では、ママ友とのトラブルや交流が面倒だなと思ったこと、ママ友がいて良かったことを答えてくれています

子どもがいる方に質問です。現在、交流のあるママ友はいますか?

グラフ

ママ友が「いる」94%と、お子さんがいるママにとって、ママ友は必ずと言っていいほど、避けては通れない相手となっているようです。

ママ友と知り合ったきっかけは?(複数回答可)

グラフ

子どもが幼稚園・保育園に行く事をきっかけに、そのコミュニティの中でママ友になっていく人が最多回答です。子どもが社会に参加するに伴って、ママもママ同士のお付き合いが始まります。

ママ友との交流方法は?(複数回答可)

グラフ

忙しいママたちの交流手段は「メール」71%、「LINE」50%となりました。子どもが小さいときは特に、子連れで外出することは大変なので、お互いの家に行き来する付き合いも多いようです。

ママ友との関係が正直つらいと思うときはある?

グラフ

ママ友との関係は、約6割の方が良好だと回答しています。4割の方は時々面倒だと感じていることが分かりました。女性同士のコミュニティは、その中で誰かが目立っったり、リーダー的な存在になるだけで、陰口を言われたり仲間なずれになったりすることも多いものです。縦社会や組織に生きる男性とは違い、横社会に生きる女性特有の価値観とも言えます。フリー回答からも、「メール・LINEなどでの連絡が頻繁すぎて、面倒だ」とか、「ランチのお誘いに誰を誘うかに揉める」など面倒な経験をしている人も多いことが分かりました。親しき仲にも一定の距離感を持ちたいと思っているママが多いようです。

ママ友は必要?

グラフ

ママ友との関係はつらいこともあるものの、83%の方は「ママ友は必要」と回答しています。やはり子育てに関する情報交換や、困ったときに助け合うなどママ友を必要とする場面は多数あることが想像できます。

ママ友とのトラブルや交流が面倒だなと思ったエピソードがあれば教えて!(フリー)

付き合いが面倒(21件)

価値観の違い(18件)

派閥・仲間割れ(8件)

誘いに断りづらい(7件)

子ども同士のトラブル(4件)

我が子との比較(4件)

陰口・嫌味を言われる(3件)

その他(2件)

トラブルや面倒と思うことはない(5件)

ママ友がいて良かった!と思ったことがあれば教えて!(フリー)

相談できる(47件)

情報交換できる(27件)

一緒に楽しい時間を過ごせる(10件)

困ったときに助け合える(9件)

子ども同士で遊べる(7件)


全ての結果を見るにはこちら
※お問い合わせフォームからご連絡ください